離婚の種類に関するご相談は至心法律事務所(大阪府/大阪市)。

お電話でのお問合せ:06-6131-0720

メールでのお問合せ:メールはこちら

お問い合わせ
離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は大阪市(大阪、北新地、阪急梅田、京阪淀屋橋、京阪大江橋)の至心法律事務所にお任せ下さい。

離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は大阪市(大阪、北新地、阪急梅田、京阪淀屋橋、京阪大江橋)の至心法律事務所にお任せ下さい。

離婚の種類

至心法律事務所(大阪府/大阪市)では離婚の種類の法律のお悩みに対応しております。

離婚の種類

「離婚したい」と思ったとき、相手も同じように考えているとは限りません。
また離婚は決まっても、他に決めなければならないことはたくさんあります。たとえば、財産分与や慰謝料などお金のこと、親権や養育費、面会交流など子どものこと、結婚生活を清算するためには、たくさんの協議が必要です。また別居している場合には、当面の生活費(婚姻費用)をどちらがどの程度負担するか、という問題も生じます。
協議で離婚が成立すれば、いわゆる「協議離婚」となりますが、どうしても話し合いが成立しないときは家庭裁判所に調停を申し立てる必要があります。家庭裁判所では二名の調停委員が双方の話を別々に聞き適切な合意ができるよう調整してくれます。調停が成立すれば「調停離婚」となります。
調停でも話し合いがまとまらなければ、裁判で離婚を決めることになります。裁判となれば、家庭裁判所が離婚すべきかどうかや、財産分与・慰謝料はいくらが適切か、親権者を誰とすべきか等、離婚にあたって決めなければならないことが証拠に基づき判決されます。裁判によって離婚に至った場合「裁判離婚」となります。
離婚の悩みは、その人のおかれた環境などに応じて様々です。ネットや本の情報、中途半端な知識だけでは判断を誤ることがほとんどです。すべてのプロセスを経験済みの弁護士のみが、あらゆる可能性を見据えて適切にアドバイスできます。

至心法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 浮気・DV

    浮気・DV
    相手の浮気やDVが原因で離婚せざるを得なくなった場合、相手に対し離婚を求めるだけでは...
  • 遺留分減殺請求権

    遺留分減殺請求権
    遺留分権利者は、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び相続開始前の一年間にされた...
  • 相続財産の破産

    相続財産の破産
    相続時に、その積極財産では相続債権者や受遺者に対する債務を完済することができないとき...
  • 非嫡出子

    非嫡出子
    非嫡出子は、「婚外子」とも呼ばれ、嫡出でない子であり、法律上の婚姻関係にない男女の間...
  • 相続登記

    相続登記
    相続を原因とする所有権移転登記。
  • 相続債務

    相続債務
    相続人が被相続人から相続した債務。
  • 相続財産の分与

    相続財産の分与
    相続人がない場合に、家庭裁判所が、被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看...
  • 遺族共済年金

    遺族共済年金
    国家公務員共済組合法などの共済各法に基づく給付
  • 親権と監護権の違い

    親権と監護権の違い
    親権とは、未成年の子を一人前に成熟した社会人とするために養育する、親に認められた権利...
離婚の種類の法律問題のお悩みに対応しております。|至心法律事務所(大阪府/大阪市)
離婚の種類の法律相談はお任せください。|至心法律事務所(大阪府/大阪市)
©至心法律事務所 All right Reserved.