大阪府、大阪市の遺留分回復請求権 のご相談や泉南市法律問題・法律トラブルでお悩みは至心法律事務所 にご相談ください。

至心法律事務所

お電話でのお問合せ:06-6131-0720

メールでのお問合せ:メールはこちら

お問い合わせ
離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は大阪市(大阪、北新地、阪急梅田、京阪淀屋橋、京阪大江橋)の至心法律事務所にお任せ下さい。

離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は大阪市(大阪、北新地、阪急梅田、京阪淀屋橋、京阪大江橋)の至心法律事務所にお任せ下さい。

「泉南市」の電話相談、法律相談

遺留分回復請求権 をはじめとした泉南市に関する法律問題、法律相談についてご紹介します。大阪府、大阪市の遺留分回復請求権 のご相談や泉南市法律問題・法律トラブルでお悩みをお受けしております。

泉南市の電話相談、法律相談

遺留分回復請求権

遺留分回復請求権
遺留分減殺の請求をしても、受贈者及び受遺者が応じない場合に、減殺請求権者がその返還を請求する権利。

相続の放棄

相続の放棄
相続開始後に相続人がする相続拒否の意思表示。

相続財産管理人

相続財産管理人
相続財産法人の財産管理人。相続人の存在が不明なとき相続財産は法人となるが、この場合に、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって相続財産管理人を選任しなければならない(民九五二)。

遺産分割協議

遺産分割協議 遺言がない場合、相続人全員で協議して遺産の分割方法を決める必要があります。これが「遺産分割協議」です。

相続回復請求権

相続回復請求権 五年の消滅時効にかかり、また、相続開始から二〇年を経過すると請求権を行使できなくなる(民八八四)。

三親等

三親等 本人および配偶者から三世を隔てた(三番目に近い)関係にある者(尊属・卑属)、およびその関係をいう。

非嫡出子

非嫡出子 非嫡出子は、「婚外子」とも呼ばれ、嫡出でない子であり、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子のことをいう。

受遺者

受遺者
遺言により遺贈を受ける者として指定された者(民九六四・九六五)。

慰謝料 金額

慰謝料 金額 慰謝料は、財産分与と別個の権利。現実の財産分与の支払いは、慰謝料と明確に区別せず合算する場合もある。

遺言の方式の準拠法

遺言の方式の準拠法
遺言の方式に適用される法として国際私法によって指定される法をいう。

至心法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 交通事故における保険会社との示談交渉

    交通事故における保険会社との示談交渉
    より高額かつ適切な示談を目指すためにも、また、不愉快な示談交渉から解放されるためにも...
  • 相続財産管理人

    相続財産管理人
    相続財産法人の財産管理人。相続人の存在が不明なとき相続財産は法人となるが、この場合に...
  • 相続分

    相続分
    共同相続において各共同相続人が有する共同相続財産に対する分け前(民八九九~九〇五)。
  • 相続

    相続
    人の死亡によってその財産上の権利義務を他の者が包括的に承継すること。民法旧規定では家...
  • 遺留分

    遺留分
    遺言にかかわらず、一定の相続人が遺産を受けることを保証するために、法律上留保されてい...
  • 相続欠格

    相続欠格
    本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたため法律上当然に相続資格を失うこと。
  • 相続回復請求権

    相続回復請求権
    五年の消滅時効にかかり、また、相続開始から二〇年を経過すると請求権を行使できなくなる...
  • 代襲相続

    代襲相続
    推定相続人である子又は兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、又は相続欠格若しくは...
  • 遺言

    遺言
    一定の方式に従った遺言者の死後の法律関係を定める最終意思の表示(民五編七章)。
遺留分回復請求権 をはじめとした泉南市に関する法律問題、法律相談についてご紹介します。大阪府、大阪市の遺留分回復請求権 のご相談や泉南市法律問題・法律トラブルについて紹介するサイトです。
遺留分回復請求権 をはじめとした泉南市の法律相談、手続は至心法律事務所にお任せ下さい。
©至心法律事務所 All right Reserved.