大阪府、大阪市の相続人の債権者 のご相談や相続財産法律問題・法律トラブルでお悩みは至心法律事務所 にご相談ください。

至心法律事務所

お電話でのお問合せ:06-6131-0720

メールでのお問合せ:メールはこちら

お問い合わせ
離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は大阪市(大阪、北新地、阪急梅田、京阪淀屋橋、京阪大江橋)の至心法律事務所にお任せ下さい。

離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は大阪市(大阪、北新地、阪急梅田、京阪淀屋橋、京阪大江橋)の至心法律事務所にお任せ下さい。

「相続財産」の電話相談、法律相談

相続人の債権者 をはじめとした相続財産に関する法律問題、法律相談についてご紹介します。大阪府、大阪市の相続人の債権者 のご相談や相続財産法律問題・法律トラブルでお悩みをお受けしております。

相続財産の電話相談、法律相談

相続人の債権者

相続人の債権者
相続人の固有の債権者。

相続財産法人

相続財産法人
相続人のあることが明らかでないときは、相続財産は法人とされるが、これを相続財産法人という。

遺産分割

遺産分割
相続財産が共同相続人の共有となっている場合に、これを各相続人の相続分に応じて分割し、各相続人の単独財産とすること。

相続回復請求権

相続回復請求権 五年の消滅時効にかかり、また、相続開始から二〇年を経過すると請求権を行使できなくなる(民八八四)。

相続の放棄

相続の放棄
相続開始後に相続人がする相続拒否の意思表示。

相続財産管理人

相続財産管理人
相続財産法人の財産管理人。相続人の存在が不明なとき相続財産は法人となるが、この場合に、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって相続財産管理人を選任しなければならない(民九五二)。

相続債権者

相続債権者
相続財産に属する債務の債権者、すなわち被相続人に対する債権者で、相続により相続人を債務者とすることになった者。

相続分

相続分
共同相続において各共同相続人が有する共同相続財産に対する分け前(民八九九~九〇五)。

相続利益

相続利益
相続人が相続によって受ける利益。

遺言書の検認とは?必要なケースや手続きの流れなど

遺言書の検認とは?必要なケースや手続きの流れなど 遺言書は、亡くなった方(被相続人)の生前の意思をもっとも忠実に反映することのできる書面です。遺言を残さず、法定相続に従うことになると、自分の子や兄弟姉妹、両親など法定相続人に対して法定相続分の割合に応じてしか財産を残せません。

至心法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 相続回復請求権

    相続回復請求権
    五年の消滅時効にかかり、また、相続開始から二〇年を経過すると請求権を行使できなくなる...
  • 相続税

    相続税
    相続又は遺贈(死因贈与を含む)により財産を取得した個人につき、その取得した財産に対し...
  • 遺族共済年金

    遺族共済年金
    国家公務員共済組合法などの共済各法に基づく給付
  • 遺産分割協議

    遺産分割協議
    遺言がない場合、相続人全員で協議して遺産の分割方法を決める必要があります。これが「遺...
  • 遺留分

    遺留分
    遺言にかかわらず、一定の相続人が遺産を受けることを保証するために、法律上留保されてい...
  • モラハラ配偶者と離婚するには

    モラハラ配偶者と離婚するには
    モラハラとは、人格否定などの暴言、生活費を渡さないなどの行為を指し、精神、金銭的なD...
  • 遺言の方式の準拠法

    遺言の方式の準拠法
    遺言の方式に適用される法として国際私法によって指定される法をいう。
  • 遺言自由の原則

    遺言自由の原則
    遺言によって自由に死後の法律関係を決めることができるとする原則。
  • 過失割合

    過失割合
    過失割合は、主に自動車保険で使われる用語
相続人の債権者 をはじめとした相続財産に関する法律問題、法律相談についてご紹介します。大阪府、大阪市の相続人の債権者 のご相談や相続財産法律問題・法律トラブルについて紹介するサイトです。
相続人の債権者 をはじめとした相続財産の法律相談、手続は至心法律事務所にお任せ下さい。
©至心法律事務所 All right Reserved.